アラウンド・サブ4!!

サブ4を目指している方・そこから先を楽しんでいる方に役に立つブログをつくっていきます。

GARMIN ForeAthlete 235J  サブ4を目指す私の相棒 

 はじめに

  ランニングを楽しむためにGPSウォッチは必須ですね。

いつ、どこを走っていても走った距離・ペースなどを確認しながら走れます。

 

そんなGPSウオッチですが、いろいろなメーカーがあります。

 スント 、ガーミン GarminポラールPolar、ナイキ、アップルウォッチもそうかな。国内ではエプソンセイコー、アシックス、カシオなどがありますが・・・

 

私はガーミンのforeathlite235jを3年以上使っています。

全く不満がありません!!

3年間つきあって、まったく不満が無いなんてすごいんじゃないでしょうか?

 

そんなガーミンのforeathlite235jの素晴らしさと、次にほしいGPSウォッチ

(おいおい、不満が無いんじゃないのか?!)

について語っていきます。

 

 

特筆すべきはGarmin Connect (mobile)

 

ランナーの一番人気はGarmin ガーミンでしょう。

 

 

他のメーカーと比較しても

液晶画面がきれいで、操作が直感的でわかりやすい。(私見です)

 

そして

バッテリーの持ちの良さ。GPSモードで11時間。

クルマの燃費カタログスペックと違って、本当に11時間もちます。

先日も6時間以上トレランで使って残量30%ほどありました。

3年使ってこれですからね。

 

 

しかし・・・・・

なんといっても、アプリが最高です(これまた私見

ガーミンコネクト!!

PCアプリとスマホアプリがありますが・・

 

スマホ版アプリのGARMIN Connect Mobileが快適で必要十分です。

PCアプリは時間のあるときにじっくり見るのに適しています。

 

Garmin Connect Mobileはスマホアプリで、リアルタイムでgarminウオッチと連動します。

つまり、走った直後に走行データを確認できます

 

むかし、インスタントカメラ(今で言うとチェキですね)が流行したときの

キャッチフレーズは

「撮りたいときが見たいとき」ってありましたよね。

これを知っている人はアラフォー以上に限定されますが・・・

「走った直後が見たいとき」

っていえるのではないでしょうか?!

 

走った直後の走行データが見れるのが一番良いところですが、積み上げてきた練習や大会記録をチェックするのもカンタンです。

 

今までを振り返り、能力の向上を確認してニンマリしたり、スランプで苦しんだ時期を懐かしんだりできます。

 

それらをふまえて自分の課題を明確にして、トレーニング計画を立てていくことができます。

 

さらに・・・

ロードバイク(自転車)も楽しむ私に必要十分!

 

ロードバイク(自転車)で走ることも大好きな私が購入した動機は

 

自転車用の外部の計測センサーを接続できることです。

これをつけることで

正確な走行スピードはもちろん

自転車乗りにとってとても重要な項目、「ケイダンス」を表示できるのです

ケイダンスとは1分間に何回転ペダルをまわしているかなんですが・・・

 

自転車乗りでない人にとっては

「なにそれ?それがそんなに大事なんですか?」となるんですが・・・

そこの説明は話が長くなるので割愛しますが、大事なんですっ!!

ランナー的に解釈すると筋持久力、いわゆる「脚持ち」に大きく影響します。

 

わたしがロードバイクに取り付けてGarminと連動させているのは

安価で堅牢なメイドインジャパンキャットアイのセンサー。ISC-11です。

 

f:id:kawasankun:20190720082933p:plain

キャットアイのスピード・ケイダンス センサー。235jにデータを転送できます。235jのアクティビティの「バイク」モードで正確なスピードとペダル回転数が表示できます。

6000円くらいかな。Garminのものだともうちょっとしますね。形状がだいぶ違いますが。

そんなこんなで、ガーミンのGPSウォッチは最高と感じるわけです。

 

次にほしいGPSウォッチ。 けっして心変わりじゃないです?!

 

そんなGarmin Fore Athlete 235jとのお付き合いは2016年5月13日にamazonでポチッた時からですね。当時は3万6000円もしたのですね。

スマートウォッチが3年たっても性能的に色褪せないというのはやはりすごいといえます。

注文日
2016年5月13日
合計
¥ 36,078
注文番号 250-1704506-3023807

 

そんな素晴らしいGarmin Fore Athlete 235j ですが3年のお付き合いですからね。

まったく不満がなくても少し飽きを感じることもあるのです。

 

こんな私はヒドイ人間なのでしょうか?

 

私の心をつなぎ止めようと、 彼女(Fore Athlete 235j )は語りかけてきます。

 

 

「ねえ見て。私、すこしバンドの色を変えてみたの。」

「爽やかさと安心感をイメージさせるグリーンよ。中高年のあなたにとっても似合うと思うの」

 

さらに、自分を安売りしてまでも。

 

「ねえ、いまなら保護フィルムも付けるわ」

「今なら3万円でお釣りが来るわ」

 

その目にはうっすらと涙を浮かべているように見える。

 

しかし、私は冷静に考える。

 

2019年7月現在。

けっこう安くなってはいる。

画面保護フィルムがついて3万円を切っている。

グリーンも私の好きな色だ。

うーん、しかし。

 

スポーツ時はもちろん万歩計や睡眠データ、心拍数などの日常活動計としても使っている、中高年の私が普段使いするのに物足りない部分があるのだ。

私は突き放すように言わなければならない。それが相手の未練を断ち切るための優しさなんだ。嫌われてもいい。

 

「少し安っぽいんだよ!」

「ガーミンを知らない人が見たら、変な安物メーカーの時計だと思うんだよ」

「もう少し上品さがほしいんだ。わかってくれ」

 

そうなのだ。全く不足はないのだ。

ただ、普段着にジャケットの出番が増え、無地のシャツやパンツなど、ベーシックなものばかりになってきた中高年の私が見るからに”スポーツウォッチ”なGarmin Fore Athlete235jを一日中装着することに違和感を憶えるのは致し方ない。

 

「そう、わかったわ」「でももう少し私と付き合っていてね」

彼女はきっぱりとした表情でそう言った。

やがて来る別れを覚悟しつつ、これからのサブ4への道をともに歩いていくことに変わりはないのだ・・・・・・

 

さあ、行こう。これからも一緒に。

 

 

 

そんなこんなですが次を検討します。

 

 GarminGPSウオッチの素晴らしさは変わらない。

よってGarmin以外の選択肢は無い。

だからこれは心変わりではない(くどい)

 

fore athlete235j以上の性能をもち、日常でも身につけて違和感の無いデザインをもったGarmin。それはこれだ。

 渋く光るステンレスのベゼルが美しい。

4万円を越えるが、日常の使用でも不満なく使えそうだ。

 

液晶もさらに滑らかで見やすい感じだし。

 

私がサブ4を達成したあかつきには、奮発して手に入れようと今は思っています。

 

それまでよろしく

Garmin fore athlete 235j

 

ありがとうございました。