アラウンド・サブ4!!

サブ4を目指している方・そこから先を楽しんでいる方に役に立つブログをつくっていきます。

ハーフマラソン 自己ベスト更新しました!

こんにちは。

晴天の中、祝賀御列の義

令和天皇陛下即位パレードが行われましたね。

 

私もこれ以上のない晴天・好コンディションでハーフマラソンを走れました。

おかげさまで自己ベスト達成・目標達成ができました。

 

前日に立てた目標は 

・今までの自己ベスト(1時間47分11秒)を更新する

・1時間45分切り

・最初の1km以外すべて 5:00/km 切り

でした。

 

1時間41分53秒。

予想以上の好タイムでした。

 

 

www.zanshou.work

 

 

気温は14度。暑くも寒くもない、カラッとした最高の天気でした。

 

 

7・10・17kmで5分を超えてしまいました。少し上り基調でした。

7kmで5分を超えてしまって「やはり5分を切るペースは維持できないかも」と思いましたが、粘りました。この辺りが苦しかったですが10km過ぎから楽に走れるようになりました。

自分が5分を切るペースで20kmを走り続けるなんてちょっと信じられないですね。

トレーニングでは6分を切るのもしんどいのですが。

やっぱり大会は頑張れますね。

 

ここまで自分がインターバル走やハイペース走を実行できず、きにしていましたが、

「サブ4までならインターバル走などのきつい練習は必要ありません。

のんびり長く距離を踏んだほうが効果はありますよ」 

マンガでわかる新しいランニング入門 / 中野ジェームズ修一

 と書いてあったことが自分の中で確信に変わってきましたね。

 

のんびり長く (長期のスパンでのんびり)(ジョグでも10km以上走る)(いろんな距離やコースを走る)

距離を踏む (コンスタントに月間200km以上走る)

だけでも十分サブ4に届くのではないでしょうか。

 

きつい練習はつらいですしね。

私の場合、それでは長続きしないだろうと思います。

 

走ることはスポーツ全体のみならず、自分にとっての健康で豊かな生活のためのベースになります。

一生楽しんでいきたいですね。

 

最後に今大会のレビュー・備忘録を

第42回兵庫丹波もみじの里ハーフマラソン大会

なんと42回目という老舗大会なんですね。

確かに無駄のない洗練された運営でした。

 まず、事前にゼッケン・計測チップなどが郵送されます。なので受け付けは参加賞とパンフレットを受け取るだけです。参加賞はこれからの季節にうれしいロングTシャツでした。デザインもなかなかセンスがいいと思いました。

 

コース

なだらかですが、前半上り基調、後半下り基調です。道幅は広く、混雑することは序盤の数分以外はないですね。非常に走りやすいです。

給水は4か所か5か所くらいです。多いとは言えないので確実に摂ったほうがいいと思います。水とスポーツドリンクです。食べ物はバナナとか飴がありましたがバナナは皮をむくのが面倒なのでとっていません。今回は水分のみ補給しました。ハーフはこれで十分です。ちなみに朝食はスーパーでおにぎり2個とカップみそ汁を摂りました。

 

アクセス・会場

 交通手段は今回もクルマです。駐車場は大会会場まで100mちょっと。便利です。手荷物や貴重品を預ける必要がないので楽でした。ただし、交通整理のためスタート時間から3時間後の13時までは出庫できません。ゴールしてから1時間ほど会場内のバザーで買い物したり、車内で食事をしたりテレビを見て待機しました。

 

バザーでは地元の養殖場からの「アマゴの塩焼き」が最高においしかったですね。

骨もやわらかく、上品な味で丸ごといただきました。300円でした。

地元の特産品や地元の方の素朴なバザーはヘルシーなお値打ち品が多くありがたいです。

ゴール後はポカリスウェット500mlをもらいました。当日記録証ももらえます。

食べ物の無料サービスはなかったです。バザーが良かったので問題なしです。

トン汁300円。具だくさんでおいしかったですね。あたたかい汁物はマストです。

 

 

バザーからクルマにもどって車内でお湯を沸かしてカップ麺カレー味です。

これで満腹になりました。

 

今回の出費

エントリー代    3500円

交通費       1000円

食事代       1000円 (バザー600円、朝食400円)

 

合計5500円でした。

 

楽しく有意義に一日過ごせました。

 

ありがとうございました。