アラウンド・サブ4!!

サブ4を目指している方・そこから先を楽しんでいる方に役に立つブログをつくっていきます。

加賀温泉郷マラソン単独走 2の1

こんにちは。

今週末は寒かったですね。

感染予防に気を付けつつランニングや日々の生活を

楽しんでいきたいですね。

 

 マラソンコースを2分割して走る

4月に開催予定だった加賀温泉郷マラソン2020.

残念ながら中止です。

そのコースを約13km、30kmに分割して走ってきました。

 

www.zanshou.work

 

 f:id:kawasankun:20200330084921p:plain

距離は12,8km。加賀市中央公園~片山津温泉の総湯を往復するコース。

 

f:id:kawasankun:20200330085051p:plain

高度上昇(獲得標高)は319mでした。

細かいアップダウンを繰り返します。交通量は少なく走りにくいところはなかった印象

 

コースの特徴

スタート地点は加賀市運動公園

http://tabimati.net/midokoro/detail_kanko.php?p=4011

の駐車場です。

例によって無料でトイレ自販機付きで合格です。

 

ここから

片山津温泉総湯というランドマークを目指して走るのは楽しかったです。

 

f:id:kawasankun:20200330112210p:plain

近代的な感じの総湯です。柴山潟を堪能できるロケーションです。

 

楽しみをもって走るのは大事な要素です。

あいにくのお天気で

あまりテンションは上がらなかったですね。

天気の良い夕方なら美しい景色を堪能できたでしょう。

フルマラソンのコースなので基本的に平坦です。

この大会コースは

アップダウンが多いことが特徴ですが、アップダウン走が好きな自分には

物足りない印象でした。

でもストイックに走るのには良いと思います。

グループで観光気分で走るのには最高かもしれません。

 

 

簡単なサマリーです。

日付 距離km ペース 分/km 平均心拍 獲得標高m
3月28日 12..8km 5:37 156 124

 

翌日のことを考えてペースを落として走った割には

速いペースで走れました。見知らぬコースを走るのは良いですね。
www.zanshou.work

 

ランニング合宿に最適なホテルでした。

 2日に分けて走ったので

ここに宿泊しました。

 

www.arrowle.co.jp

 広々としており静かで、時節がら格安で利用できました。

大浴場、プールにタオルが置いてあり水着も無料レンタルでストレスフリー。

相手がいれば卓球、テニスも無料で楽しめます ( ^ω^)・・・

マラソン自主合宿するならこんなところが良いです。

 

 

f:id:kawasankun:20200330092450p:plain

 ゆとりある客室。プール・サウナ温泉付きで約5000円で満足です。

しかも土曜日宿泊ですよ! 


  www.zanshou.work


日記的に書いてみる

一日の出来事を書いていきます。

 

北陸自動車道の片山津ICを降りて5分ほどでホテルに到着。

チェックインです。思ったよりも立派なホテルです。

いつもはビジネスホテルなので、宿泊費が後払いで良いことにすこし戸惑う。

クレジットカードで先払いにしてもらいました。

キャッシュレス5%還元対象です。支払い明細が楽しみです。

部屋に荷物を置いて、早速走りに行きました。

 

 戻ってきてから楽しみにしていたプール・お風呂・サウナです。

全てが広い。そのなかでポツポツと家族連れ、カップルがいました。

お年寄りはあまり見かけませんでしたね。自宅におられるのでしょう。

 

 家族連れの方は子供さんと浮き輪で遊び、カップルはサウナで語らう、暖かい雰囲気でしたね。その中に私は馴染んでいたのでしょうか。

 

 少し寂しく感じましたが、それも一瞬です。

 

つ、強がってなんかいないんだからね!

 

 食事はホテルの中にイタリアンと日本料理のレストランがありましたが

貧乏性の私は、部屋でカップヌードルとお肉の缶詰です。締めは近所のスーパーで買ったビールです。冷蔵庫と電気ポットがあったので簡単でした。余計なものが何もないホテルで簡単に食事をするのは結構楽しいことです。

 

わ、わびしくなんかないんだからね!

 

 

 食事の後は読書しました。

自宅だと家事とかネットとかyoutubeとかに時間をとられてじっくりできないんですよね。時間はたっぷりありましたが目がショボショボしてしまうので半分ほどしか読めていませんが・・

 

「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」です。

寿命が伸び、今までのような

教育を受ける→ 働く → 引退後の生活 といった3ステージの人生からの変化=LIFE SHIFTが求められています。

 

先進国では年金の支給額が減っていくので50歳の人は70歳以上まで、18歳の人は80歳以上まで働く必要があると考えられます。

 そうなると一つの仕事を全うするのは難しくなります・・・

 働き方や職種の変更、方針転換が当たり前になり、働き始めるまでの基本的な教育に加えて、働いてからの教育、学習の重要性が高まります。

 また、健康やお金、人間関係などの資産、財産を育てていく戦略が必要です・・・

 

といった感じで進んでいきます。

なかなか面白いです。じっくり読んでいきたいです。

 

 そんなこんなのシンプルな一日でした。

 

 

ありがとうございました。

(^.^)/~~~